高級店の料理でも、気軽に食べるテイクアウトでも、自分のお気に入りを見つける楽しさがグルメの醍醐味です。

グルメは自分のお気に入りを見つける楽しさ
Hot Entry
グルメは自分のお気に入りを見つける楽しさ

グルメは自分のお気に入りを見つける楽しさ

グルメというと昔は高級レストランや割烹料理などをいただくときに使う言葉というイメージでしたが、今ではB級グルメなどが定着して、気軽に食べられる料理にも頻繁に使われるようになりました。食材にこだわり腕の良いシェフがつくったフルコースはもちろんですが、私たちは普段街中で入る食堂やテイクアウトのファストフードであっても美味しい物は全てグルメだと言えるようになりました。確かに、美味しいと思っても年に一度か二度しか入ることが出来ないお店では少しさびしい気持ちもします。自分が美味しいと思った料理をいつでも気楽に楽しめるというのが本来のグルメなのかもしれません。

私自身は旅行や遠出をしたときに、普段はあまり行かないような高級店に入って奮発してコース料理を頼んでみたり、そういった楽しみ方も時々は良いと思っていたのですが、最近では家族で出かけると私以外はみな、旅先の名物B級グルメや麺類などを好んで選ぶようになったのです。気軽に食べることの出来る食事の方が、旅行から帰ったあとの楽しいお土産話しにもなるそうです。私が年に一度の旅行のときくらいは家族に贅沢をさせてあげたいと思っていろいろと事前に調べていっても、家族は誰もそういった高級店には行きたいと言わず、あちこちでテイクアウトをしてみたり、食べ歩きを楽しんでいるのです。

実際に行く先々で自分たちが食べたい物を好きなだけ買って食べることが出来るので満足度が高く、もし自分が想像していた物と少し違っていてもそれほど気にはならないようです。そんな風に家族が気軽にグルメを楽しんでいる姿を見ていると、日本は全国どこに行っても美味しいものがたくさんあって、幸せだと感じます。高速道路のサービスエリアであっても、屋台や商店街のフードコートで食べる焼きそばやたこ焼きであっても、どんな場所でも自分のお気に入りを見つけることの出来る楽しさがグルメの醍醐味そのものなのかもしれません。

Copyright 2014 グルメは自分のお気に入りを見つける楽しさ All Rights Reserved.